鎌倉殿の13人:八重役・新垣結衣 初大河&三谷幸喜作品初参加「全て楽しみながら真摯に」

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、八重を演じることが決まった新垣結衣さんがコメントを発表。「大河ドラマ、そして三谷幸喜さん脚本の作品への出演は初めてになります。三谷さんが『新しい大河を作りたい』と会見でおっしゃっていて、どんなことになるのかますます予想もできません。それも全て楽しみながら真摯(しんし)に向き合っていけたらと思います」と思いを明かした。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。