脚本家・泉澤陽子&プロデューサー・植田博樹&吉藤芽衣が語る『リコカツ』誕生秘話

北川景子さんと永山瑛太さんが演じる、“交際ゼロ日婚”した夫婦が、早々に結婚したのは間違いだったと感じ、離婚に向けた活動=“リコカツ”を始める『リコカツ』(TBS系 毎週(金)後10・00~10・54)が放送中。脚本家・泉澤陽子さん、プロデューサーの植田博樹さん、吉藤芽衣さんに、本作を作ることになったきっかけや今後の展開などを伺いました。

◆「離婚」をテーマに描こうと思ったきっかけを教えてください。

植田:今からさかのぼること3年ぐらい前に、うちの夫婦も娘の結婚をきっかけに離婚の話が出たことがあり、その実体験が企画の始まりですね。熟年離婚もあり得るんだなと。そんな中で交際ゼロ日婚をした芸能人が離婚したというニュースを見て、離婚から始まるラブストーリーを考えました。この話を泉澤さんにお話をしたら、「そのドラマ、面白いんじゃないですか」と言っていただけて、企画書を作成して今回放送にこぎつけました。距離感が変わることによる夫婦関係、人間関係の変化を描ければと思っています。

◆植田さんから企画のお話をされて、泉澤さんはどう思いましたか?

泉澤:植田さんの家庭でも離婚の話が出たとおっしゃられていましたが、日本の離婚率も3組に1組といわれているぐらいなので、私たちに身近なことなんですね。私も結婚していますが、けんかするたびに“離婚してやる”みたいに思うことはあるので、そういったことまで含めたら、離婚を考えたことがない人は少ないんじゃないかなと思いました。誰もが身につまされる、かつ身近に感じられるテーマとして、それを面白おかしくドラマにできるんじゃないかなというふうに思いました。

植田:その後、泉澤さんと話ながらキャラクターを作っていきました。離婚経験がある一般の方を何十人も取材させていただいて、本作のエキスになっていますね。

吉藤:私は植田さんと泉澤さんがしっかりと作られた企画書を読ませていただいた時に、率直に面白いなと思いました。今までも離婚を扱ったドラマはたくさんあったと思うんですが、その中でもこの『リコカツ』では“全員離婚家族”っていうパワーワードがあって。登場人物1人ひとりが本当に個性的で、なおかつ、こういう人いるなっていうキャラクターがよく作られているので、どんな人にでも共感してもらえる要素が散りばめられているんじゃないかなと思っています。そういう要素を私自身も実体験だったりとか、周りにお話を聞いたりして足していけるといいなと思いながら、参加させていただいています。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。