なにわ男子・西畑大吾が『コタローは1人暮らし』本格登場 コタロー(川原瑛都)の幼稚園の新任教諭役

『コタローは1人暮らし』

関ジャニ∞・横山裕主演ドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系 毎週(土)後11・30~深0・00)の第2話(5月1日放送)より、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)演じる「幼稚園の清水」の花輪先生が本格登場する。

本作は、累計部数100万部を突破した津村マミの人気コミックを初の映像化。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)が、隣に引っ越してきた訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)との出会いをきっかけに成長していくハートフル・コメディだ。

第2話では、コタローがひとりで幼稚園に入園するという驚きの展開に。おもちゃの刀を装備したいつもの服装とは一転、幼稚園の制服に身を包んだコタローが出掛けようすると、たまたま狩野と出くわす。狩野が付き添いを申し出るが、なぜかそれを振り切って走り去るコタロー。一緒に銭湯に行って仲良くなれた気がしていたのに、見事にフラれた狩野はすっかりスネてしまう。

コタローがひとりでやって来たのは「幼稚園の清水」。園児たちの出迎えをしていた新任教諭・花輪景介(西畑)は、保護者がいないコタローにびっくり。「お母さんかお父さんは?」と尋ねたものの「わらわは1人ぞ」と断言され、アタフタする。

そんな何やら事情がありそうなコタローのことが気になる花輪。まだまだオロオロすることだらけの花輪だが、コタローと触れ合うことで、先生としてもひとりの大人としても少しずつ成長。そして狩野や美月(山本舞香)、田丸(生瀬勝久)らアパートの住人たちと出会い、次第に交流を深めていく。

なお、番組公式TikTok(https://www.tiktok.com/@oshidora_ex)では、本編でコタローが歌い踊る「いずれおぬしもとのさまん」の楽曲を公開中。合わせて横山、川原が披露した「とのさまんダンス」の“踊ってみた”も募集している。

<第2話(5月1日(土)放送)あらすじ>
売れない漫画家・狩野進(横山裕)は、編集担当・福野一平(大倉孝二)から辛らつにダメ出しされ、ショックを受ける。「絵が古い」と言われたことで、自信を失いかける狩野。
するとそこに、隣室に引っ越してきた1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)がやって来る。転んでけがをしたというばんそうこうだらけの両膝を見せに来たコタローに「初めて消毒をした」とドヤ顔をされた狩野は…。
一方、元妻から息子が「会いたくない」と言っていると聞かされ、落ち込む田丸勇(生瀬勝久)は、息子のために用意していた『とのさまん』のぬいぐるみをコタローにプレゼント。大好きな『とのさまん』を前にして大喜びするかと思いきや、コタローは田丸とそこに居合わせた狩野、大人2人が言葉を失ってしまうひと言を口にする。
翌朝、制服を着て出掛けようとしたコタローは、「ついて行くよ」という狩野を振り切って走り去ってしまう。そんなコタローが目指す先は『幼稚園の清水』。そう、今日から幼稚園に通い始めることになっていたのだ。園児たちの出迎えをしていた新任教諭・花輪景介(西畑大吾)から、「お母さんかお父さんは?」と聞かれたコタローは、「わらわは一人ぞ」とキッパリ断言するのだが…。

『コタローは1人暮らし』
テレビ朝日系
毎週(土)後11・30~深0・00

この記事の写真

『コタローは1人暮らし』 『コタローは1人暮らし』 『コタローは1人暮らし』 『コタローは1人暮らし』 『コタローは1人暮らし』

©津村マミ/小学館(「ビッグコミックスペリオール」連載中)
©テレビ朝日




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。