機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ:小野賢章&上田麗奈 悩み、葛藤も 繊細な感情を表現

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督)が5月21日に公開される。1989~90年に富野由悠季さんが発表した小説が約30年の時を経て、アニメ化される。1988年公開の「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(富野由悠季総監督)の第二次ネオ・ジオン戦争で苦い別離を経験したハサウェイ・ノアが、新型モビルスーツ・Ξ(クスィー)ガンダムを駆り、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描く。ハサウェイ役の小野賢章さん、ハサウェイらを翻弄(ほんろう)する謎の美少女ギギ・アンダルシア役の上田麗奈さん、地球連邦軍大佐のケネス・スレッグ役の諏訪部順一さんら豪華キャストが出演することも話題になっている。繊細な感情、複雑な人間関係を描いた同作のアフレコについて、小野さん、上田さんに聞いた。 




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。