内田裕基:「仮面ライダーセイバー」で3大特撮制覇 “平成生まれの気鋭脚本家”は「クウガ」世代 

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第32章「僕の想い、結晶となりて。」(4月25日放送回)から、今作の脚本チームに加わった脚本家の内田裕基さん。1991年生まれ、29歳という若さでこれまで「ウルトラマンX」「ウルトラマンオーブ」「魔進戦隊キラメイジャー」といった特撮作品や、さまざまなアニメ、ドラマを手がけてきた。平成生まれで、「仮面ライダークウガ」(2000~01年)の“リアルタイム世代”だったという気鋭の脚本家に話を聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。