川島零士&津田健次郎&むらた雅彦監督が裏側を語る!アニメ『不滅のあなたへ』座談会

週刊少年マガジンで連載中の同名漫画をアニメーション化した『不滅のあなたへ』(Eテレ)が、4月12日より放送中。不死身の主人公・フシ役を川島零士が演じるほか、津田健次郎、引坂理絵、内田彩、斎賀みつきら豪華キャストが名を連ねている。

少年から獣になったりと、周りからの刺激によって姿を変えるという難しい役どころに挑むにあたって、「家で何度も洋ナシを床に置いて手を使わずに食べてみたりして」と笑うおちゃめな川島さん。観察者役の津田さん、むらた雅彦監督と共に、この作品についてや収録現場の様子、宇多田ヒカルさんが手掛けた主題歌「PINK BLOOD」についても語ってもらいました。

◆まず最初に、『不滅のあなたへ』の原作漫画を読まれた時の感想を教えていただけますか?

川島:原作の1巻を開くと、1ページ目は観察者が玉を持って投げ入れるだけのシーンなんです。でも、まずその画力に圧倒的に引き込まれました。

津田:原作を初めて読ませて頂いた時は、とても壮大で、オリジナリティあふれる角度から取り組んでいるすごい作品だなと。本当に僕は素晴らしい作品に巡り合えたなと思いました。

◆出演が決まった時はどのようなお気持ちでしたか?

川島:僕はオーディションを受けて大きい作品が決まったのはこの作品が初めてだったので、マネージャーさんから決まったという連絡を受けた時はうれしすぎて力が抜けてしまったんです(笑)。でも、ゼロから始まってどんどん成長していくという役の幅の広さ、難しい役がきたなと感じました。

津田:とてもチャレンジングな作品で興味もあったので、この作品に参加できるというのはうれしかったです。観察者という役をどういう切り口で演じるのが正解なのかな、と考えていましたが、現場で作っていこうというふうに切り替えました。

◆むらた監督がお2人をキャスティングした決め手とは?

むらた:川島さんは原作の大今(良時)さんとすり合わせていた声のイメージと近かったということと、フシ同様に進化していく可能性みたいなものを感じたんです。いろいろな声にチャレンジしてもらっていますが、川島さんにやっていただけて本当に良かったなと思っています。いっぽう、観察者は基本的に本編には直接的に関わらず、俯瞰的な意味合いで物語を見ているという役柄。語り部として、声だけでその存在感を出してもらえる方と考えて、津田さんにお願いしました。

◆フシと観察者を演じるにあたり、心掛けている点はありますか?

川島:フシは周りの人や環境から刺激を受けて進化していくというキャラクターです。なので準備は最低限にして、現場で頂いた言葉や目の前で起きていることに心を動かしていくということを意識しています。フシは人間ではない分、より人間らしく演じたいなと思っています。

津田:観察者はとても独特で、重力はあるんだけど地に足が着いていない、漂っている感じなのかなと思っています。感情的になることが全くなくて淡々としているので、みんながてんやわんやしているシーンは正直うらやましく思うこともあります(笑)。

◆川島さんがおっしゃたようにフシは周囲から刺激を受けて変化していくというキャラクターですが、皆さんが最近“刺激”を受けたことを教えてください。

川島:フシの役作りを深掘りしだしてから、見たり聞いたり触れたり、そういった心の中にふと無意識に留まっているもの全部が刺激なのかなと思うようになりました。それが積み重なって今の自分ができているのをすごく感じています。家の周りを散歩していて感じる、草花とか排気ガスの匂いとか、そういった日常のささいな刺激や幸せにやっと気づきだした25歳です(笑)。

津田:最近で言えば、完全に花粉に刺激を受けています(笑)。というのは置いておいて、冬の間グレーだった風景に花が咲いて色が付いて春だな、と。そういう季節の移ろいを目で感じられるというのが非常にうれしいです。毎日きちんといろいろと意識していかなくては、と思っています。

むらた:最近忙しくて、家とスタジオの行き来しかしていないのですが…(笑)。でもこうしてアフレコが始まると役者さんが声を当ててくれる、そうすると机上で考えていたものからもうひと段階そのキャラクターのイメージが変わって、さらに作品の世界が深まるんですよね。この作品に限らず、役者さんに声を当ててもらうというのはかなりの刺激になっていて。それが楽しくて演出や監督という仕事をしています。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。