息をひそめて:コロナ禍のささやかな日常描く意欲作 配信での勝算は

 動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信中のオリジナルドラマ「息をひそめて」。コロナ禍の2020年を舞台に、斎藤工さん、夏帆さんら実力派俳優を起用して、東京・多摩川沿いに暮らす人々のささやかな日常を描き上げたオムニバスストーリーだ。配信サービスのオリジナル作品といえば、高い制作費を費やした大作や、地上波では放送できないような過激なストーリーのものも多い中、丁寧な作りながら、一見地味にも見える同作は異彩を放っている。企画の意図と勝算を、プロデューサーの中村好佑さんと、エグゼクティブプロデューサーの長澤一史さんに聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。