『珈琲いかがでしょう』最終回に市毛良枝、宮野陽名、前田旺志郎、森迫永依が出演

中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系)の最終回に、市毛良枝、宮野陽名、前田旺志郎、森迫永依が出演することが分かった。

最終回は「暴力珈琲」「ポップ珈琲」の2つの物語を送る。今回ゲスト出演が決まった4人は、たこを取り巻く人々として青山のコーヒーの師匠であるホームレスのたこ(光石研)の過去が描かれる「ポップ珈琲」に登場する。

市毛は、ある理由でたこと離ればなれになってしまうたこの妻・幸子役、宮野は、青山が訪ねたたこの親戚宅の住人・マコ役で出演。たこ夫妻の出会いやなれそめが描かれる回想シーンでは、若いころのたこ役を前田、同じく若いころの幸子役を森迫が演じる。

幸せな新婚時代を経て、なぜか離れて暮らすことになった夫婦の過去が明らかになる最終回。たこが青山に語ったある願いとは? そして青山はなぜたこの親戚宅を訪ねたのか? 折り返し地点を迎えた珈琲物語は、最終回に向けて怒涛の展開へ。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。