藤原季節「“切り替える”とか“乗り越える”ということは、必ずしも必要ないんじゃないかと思えるようになった」

『バイプレイヤーズ』の松居大悟監督が、自身の実体験を基にしたオリジナル舞台劇を映画化した「くれなずめ」。高校の帰宅部仲間6人で唯一、東京で会社員をしている大成を演じた藤原季節さんに、映画同様にわちゃわちゃした現場エピソードや自身の高校時代の話も聞きました。

◆本作への出演が決まっての感想は?

「自分の事ばかりで情けなくなるよ」「君が君で君だ」など、松居監督の作品が好きだったので、お話を頂いた時は何の迷いもなく「やらせてください!」という気持ちと、「映画化の大成は、僕でいいんですか?」という気持ちが入り交じっていました。

◆高校時代の仲間を演じる成田凌さん、高良健吾さんなどの俳優陣との共演に関しては?

成田(凌)君や若葉(竜也)さんの作品はたくさん見ていましたし、高良(健吾)さんの大ファンだったので、めちゃくちゃうれしかったです。テンションも上がりましたね。

◆会社員で、後輩気質である大成の役作りについては?

この6人のメンバーの中では、かなり真っ当な生活をしている役なので、台本には書かれていない、そういう生活感みたいなものを出していけたらと思っていました。そのため、衣装合わせの時から、サラリーマンで営業をやっている友人を参考に、あえて手持ちかばんではなく、リュックにしたり、靴がちょっと疲れていたり、常にスマホを片手に持っていたり。営業周りをしているので日焼けをしてみるか?など、いろんなアイデアを出しました。そして、違和感のない会社員の雰囲気を作っていきました。

◆ちなみに、藤原さん自身の高校時代の立ち位置やキャラはどうだったんですか?

昼休みに、「わー!」とはしゃいでいる人たちを横目で見ながら、お弁当を食べているような…。とにかくプライドが高く、図書室で、よく本を読んでいました。今思えば、ただのひねくれ者だっただけですが(笑)。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。