吉村崇×桐山照史×中村アンが語る『爆笑!ターンテーブル』の魅力「見て笑ったらそれが正解」

TBSの日曜グランプリ枠で放送中の、芸人がアーティストに成り切って自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露するゴングSHOW『爆笑!ターンテーブル』。特番に続きMCを務める平成ノブシコブシ・吉村崇さん、ジャニーズWEST・桐山照史さん、ゲストMCの中村アンさんにインタビュー。

◆新設された日曜グランプリ枠で、番組がレギュラー化したことについて、ご感想をお願いします。

吉村:伝統的な枠の改編の第一弾。いろいろ試しながらやるには一番いい枠なのかなと思いました。ただギャップは激しいでしょうね。先代たちからの視聴者の方にしてみると。だから、その先代から引き継いだ層と、新しい層が融合できればと思ってやっています。

中村:これまでとは違いますけど、チャレンジングな感じを皆さんに伝えられたらと思います。

桐山:日曜グランプリ枠になってから、放送回ごとにテーマがあって見やすくなっていると思います。番組を知ってくれている方も違う目線で楽しんでいただけるんじゃないかな。

◆MC3人のチームワークはいかがですか?

桐山:この2人が全然かみ合ってないんですよ!

吉村:そうなんですよ。僕はかつてのバラエティをぶいぶい言わせていた時の中村アンの記憶でいたら「あなた知りませんよ」みたいな雰囲気を出すんです!

桐山:今日も神がかっていて、「うん」でやりとりが終わってましたもんね(笑)。

吉村:下積み時代、ラジオなどで一緒だったりしたんですけどね。

中村:戦友ですね!(笑)

吉村:戦友だから「背中任せられますよ」みたいなところはあるんです。だから、前回の収録も楽しかったですし、今日の収録もいい方向にかみ合わなくなってきたなって。

中村1クールの放送だから、次に収録したら、もう終わっちゃうんですもんね(笑)。

吉村:そうなんですよね。また数年後お会いしたら、「あなた誰でした?」って言われる、その繰り返しですよ。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。