ボイメン・小林豊の将来は「63歳の僕は世界を旅していると思う」映画「ブルーヘブンを君に」

実在のバラ育種家の女性をモデルに、いくつになっても夢を諦めない人生の素晴らしさを描いた映画「ブルーヘブンを君に」で、主人公の冬子(由紀さおり)の孫・蒼太を演じる小林豊さん。不可能といわれた夢にチャンレンジする冬子に感化され、「何歳になろうが、夢ってどんどん新しく増やしてもいいし、かなえていってもいいんだと思った」と語る小林さんが想像する自分がおじいちゃんになった姿とは?

◆新型コロナウイルス感染拡大防止対策による方針を受け、約1年遅れでの公開となった「ブルーヘブンを君に」がついに公開されます。出来上がりを見た感想や印象に残っているシーンを教えてください。

自分が出演させていただいている作品ですが、勇気をもらいました。夢をかなえることはもちろん、その夢を支えてくれる人たちがいるっていうのはすてきなことだし、そういう冬子さんの生きざまを見せてもらったなと思いました。撮影してた時、それから出来上がりを見てより印象的に感じたのは、冬子さんと蒼太のバイクの2人乗りのシーン。実は、このシーンは由紀さんも思い出に残っていると言ってくださっていました。撮影中、後ろにいる冬子さんの姿は見えないはずなのに2人の乗っている画が俯瞰で僕の頭に浮かんでいて。もちろん後から映像を見ましたが、映像からの脳へのインプットというより、自分の脳にそのシーンが思い出としてあったというか僕のイメージからそのまま飛び出してきたような不思議な感覚があったんです。その時の「オードリー・ヘプバーンみたいね」「なんて!?」という2人の会話も、僕自身も本当に「なんて!?」ってなっていましたし(笑)。冬子さんもそんなやりとりを含めて楽しんでいるっていう、あのシーンはとてもほっこりすると思います。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。