小野大輔:古代進と一体化 石塚運昇さんからいただいた想い 「宇宙戦艦ヤマト」総集編語る

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの「宇宙戦艦ヤマト 2199」「宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち」の総集編「『宇宙戦艦ヤマト』という時代 西暦2202年の選択」が、6月11日から上映されている。総集編は、1969年の人類月面着陸から2042年の火星到達、2202年のガトランティス戦役まで人類とヤマトの航海の歴史をまとめ、真田志郎の視点で語られるドキュメンタリー風の映像作品となった。主人公・古代進役の小野大輔さんは「最近、特に感じるんですが、古代進という人間と同一になってきているというか、一体化してきている気がしているんです。小野大輔という人間の生き方に、どこかリンクしたものを感じるんですよ」と語る。小野さんに「宇宙戦艦ヤマト」への思いを聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。