初プロデュースアニメに明石家さんま「いい経験をさせてもらいました。渡辺監督とも出会えましたしね」映画「漁港の肉子ちゃん」

明石家さんま企画・プロデュースの劇場アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」が611日(金)より全国公開。そこでプロデューサーとして深く作品に関わったという明石家さんまさん、主人公・肉子ちゃんの声優を務めた大竹しのぶさん、渡辺歩監督へのインタビューを前後編で掲載。前編では本作が出来上がるまでの過程についてお話を伺いました。

◆明石家さんまさん自ら原作者の西加奈子さんに映像化を打診してから5年、ついに劇場版アニメとして公開になります。

さんま:こういうのはきりがないですね。完成しても「ここをこうすれば良かった」という悔いはたくさんありますが、プロデューサーとしては今のところ想像以上のものができています。

大竹:監督を中心に多くの人が関わって作った映画なので、たくさんの人に見ていただきたいです。ヒットしたほうがいいんだよね? 吉本としては(笑)。

さんま:吉本としては(笑)。ちょっとでも小銭が入れば喜ぶ会社やから。俺が知らん間にグッズとか作っとる! もうかると思うたんか、完成報告会に社長と副社長が来てた。

大竹:いらしてたね。私、あいさつされたよ。

さんま:珍しい! 記者会見でずっと笑っとったわ。話がそれましたが、もちろん1人でも多くの人に見ていただいたらうれしいですが、完成したことで満足しています。ホントに!

◆監督は公開直前のお気持ちはいかがですか?

渡辺:終わってしまうのかという感慨のほうが僕は強いですね。夢のような方々とお仕事ができたので。

さんま:監督にとっては(笑)。監督は年代的にも『男女7人』がど真ん中らしくて。

渡辺:そうなんですよ! 僕は(片岡)鶴太郎さんか奥田瑛二さんになったような感覚になりました(笑)。

さんま:『男女7人』なんか、今の人誰も知らん言うてるのに!

◆『男女7人』はもちろん存じ上げております。

渡辺:僕は興奮を禁じ得なかったです(笑)。僕も完成したからには、世の中に伝えたいという気持ちと、より多くの方に見ていただいていろんなものを感じ取っていただけたらなと思います。それがこの作品に魂を入れてくださった役者さん、関係者の皆さんを労うことになると思うので。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。