駒木根葵汰:フリント、ステイシー、ヤツデの思いも込めた「スーパーヒーロー戦記」 決意新たに、さらなる飛躍誓う

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」(共にテレビ朝日系)の映画「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」(田崎竜太監督)の初日舞台あいさつが7月22日、新宿バルト9(東京都新宿区)で行われ、ゼンカイザー/五色田介人役の駒木根葵汰さんらキャストが登壇した。駒木根さんは歴代の仮面ライダー、スーパー戦隊が出演する今作について、「(『ゼンカイジャー』は)まだ半分ほどしか撮影が終わっていないのですが、半分の成果っていうものを発揮できるよう、歴代のヒーローの方たちに支えてもらいながら、胸を借りるつもりで“全力全開”で挑ませていただきました」と語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。