櫻井翔「チーム嵐の熱気を感じて」『ARASHI 5×20 FILM』デビュー記念日11・3に先行、大野智の誕生日11・26に全国公開

映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”」ジャパンプレミアイベント

嵐のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”」のジャパンプレミアイベントが開催され、櫻井翔と堤幸彦監督が登壇。イベントでは、櫻井から嵐のデビュー記念日の11月3日(水)にドルビーシネマで先行公開、リーダー・大野智の誕生日の11月26日(水)より全国公開されることが発表された。

2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして日本史上最大の累計237万55000人の動員を記録した、嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。このツアー中、あるプロジェクトが着々と進行していた。それは「映画を撮影するため」に1日限りで開催するという、過去に例を見ない「シューティング・ライブ」だった。

2019年12月23日、東京ドームで壮大な撮影を敢行。嵐の初主演映画『ピカ☆ンチ』(02)を監督した堤幸彦をはじめ、これまで嵐に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結し、嵐が5人だから見られた景色、5万2000人の観客が5人と一緒に見た景色を計125台のカメラで余すことなく記録した。

さらに、本作は第24回上海国際映画祭で6月12日にワールドプレミアとしてDolby Vision部門で世界初上映。プレミアムチケットを手に入れた現地の観客200人が本作をいち早く“体感”し、会場は熱狂に包まれた。

イベントでは、司会の有働由美子の呼び込みで、櫻井、堤監督が登場。櫻井は「久々の登壇で少し緊張しているのですが、たくさんのチャレンジが詰まった作品をお届けできること、とてもわくわくしております」とあいさつ。

堤監督は「撮影の技術はいろいろありますが、今回のライブフィルムは我々、映画撮影をするスタッフが総力を結集して撮ったといっても過言ではないものに仕上がっております。ご期待いただければ幸いです」と自信を見せた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。