立木文彦:仮面ライダー最新映画に実写キャストで出演、ショッカー幹部に “悪魔”の声で上田燿司、松本梨香、森川智之、中尾隆聖、玄田哲章も

 声優の立木文彦さんが、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの50周年記念映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」(柴崎貴行監督、12月17日公開)に実写キャストとして出演することが明らかとなった。悪の秘密結社・ショッカーの研究員の百瀬龍之介(中尾明慶さん)と共に研究を進めるショッカーの幹部を演じる。「仮面ライダークウガ」のナレーション、「仮面ライダーW」のガイアメモリの音声をはじめ、数々の仮面ライダー作品を声優として支えてきた立木さんが、今回は俳優として登場し、仮面ライダーの前に立ちはだかる。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。