東出昌大:連ドラ初主演でトラウマを抱える探偵役 松重豊、新川優愛も出演

 俳優の東出昌大さんが、5月スタートのWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」に主演することが14日、明らかになった。東出さんが連ドラで主演を務めるのは今回が初めて。探偵でありながら被害者遺族としてトラウマを抱える主人公の佐伯修一を演じる。松重豊さんと新川優愛さんも出演することが発表された。東出さんと初共演の松重さんは、佐伯が勤める探偵事務所所長の木暮正人、新川さんは、情報源として佐伯を助け、次第に引かれ合うようになるキャバクラ嬢のはるかを演じる。


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。