バナナマン設楽統「家族に自慢できる!」『ペット2』バナナマン、佐藤栞里、永作博美が吹替続投!

『ペット2』
『ペット』の続編となるシリーズ最新作の邦題が『ペット2』に決定。吹替版の声優陣は主人公マックス役の設楽統(バナナマン)、相棒デューク役の日村勇紀(バナナマン)、2匹の飼い主ケイティ役の佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役の永作博美が続投することが発表された。

 本作は、2016年に公開された『ペット』の続編。飼い主が留守にしている間、ペットたちは何をしているのだろうという、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描く。

 マックスの声を務める設楽統は、続投決定に「前作で吹き替えを担当させていただいて、2回目はオファー来なかったらどうしようかなって思っていたんですが、本当にうれしいです。特に家族には自慢できますから!」と。

 これからのアフレコの本番については「前作では、収録後半からすごくノっていって、ゾーンに入ったみたいな時があったので、今作は前半からゾーンに入れるよう、最初からマックスに成り切りたいと思います!」と気合十分。

 公開を待つファンに向けては「今回も期待を裏切らない内容であることは間違いないですし、おなじみのキャラクターの他にも新キャラクターも出るみたいなので、夏までちょっと時間がありますが、ぜひ期待して待っていてほしいです!」と語った。

『ペット2』
映画『ペット2』
2019年夏 全国公開

監督:クリス・ルノー
脚本:ブライアン・リンチ
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
配給:東宝東和

公式サイト:http://pet-movie.jp/

©Universal Studios.




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。