BiS ロックレジェンドがバックを固めた東北ツアー終幕!4thシングルのリリースも発表

BiSが東北3か所にて開催してきた「BiS with STUPiD BOYS for ARABAKI TOUR」のファイナル公演を、岩手・KLUB COUNTER ACTION MIYAKOで開催。終演後には、7月6日(水)にメジャー4thシングルをリリースすることも発表した。

5月3日より開催してきた本ツアーは、「BiS with STUPiD BOYS for ARABAKI」名義で実施。生バンド編成で、G.ヒダカトオル(THE STARBEMS)、Ba.津田紀昭(KEMURI/THE REDEMPTION)、Dr. RONZI(BRAHMAN/OAU)というロックレジェンドがバックを固めるスペシャルなツアーだ。

ツアーファイナルは、5月5日に岩手・KLUB COUNTER ACTION MIYAKOで開催された。当日は会場内にBGMが響く中、ヒダカを先頭にRONZI、津田が登場。ヒダカが「BiSを見たいのか?」と会場を煽り、熱気が高まったところでBiSメンバーが登場する。

野外ロックフェスも経験し、次なる一歩を踏み出したBiSのオープニングナンバーは、「LET’S GO どうも」。BiSを象徴するような、前向きでポップなナンバーでライブの幕は上げられた。

RONZIの力強いドラミングが会場に響くと、研究員のボルテージも上昇。「STUPiD」「BASKET BOX」と続けざまにアッパーチューンを投下し、バンド編成による迫力あふれるアレンジで研究員(※BiSファン総の称)のボルテージを高めていく。

バックバンドのメンバーも含めた自己紹介を挟み、「this is not a love song」「kAsAbutA」などのミドルテンポなナンバーで固められた中盤戦に突入。さらに「teacher teacher teacher」「テレフォン」といった人気曲で会場の雰囲気をロックに染め上げる。

そこから「I WANT TO DiE!!!!!」「つよがりさん」でエモーショナルな展開を見せ、「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」で本編を締めくくった。だが鳴り止まむことのないアンコールの声に応え、BiSメンバーが再登場。

アンコールでは、ヒダカトオル作詞作曲の新曲「BELiEVE」をパフォーマンス。「ARABAKI ROCK FEST.22」で初披露された新曲は、さらなる進化を見せ、研究員のアドレナリンを刺激する。会場の全員が拳を突き上げ、BiS、バンドメンバー、研究員がシンクロ。その後、2連続で「CURTAiN CALL」をパフォーマンスし、熱狂のうちにライブは終幕を迎えた。

7人で挨拶をした後、ステージに残ったBiSメンバー。彼女たちの口から7月6日(水)にメジャー4thシングルをリリースすることがアナウンスされ、最後の最後にまた大きな喜びがもたらされた。生バンド編成のライブで、ロックの雰囲気をより身につけたBiSの今後にも注目だ。

SET LIST

「BiS with STUPiD BOYS for ARABAKI TOUR」
2022年5月5日(木・祝)岩手・KLUB COUNTER ACTION MIYAKO
1.LET’S GO どうも
2.STUPiD
3.BASKET BOX
4.LOVE
5.とまらない歌
6.this is not a love song
7.LOVELY LOVELY
8.kAsAbutA
9.GETTiNG LOST
10.teacher teacher teacher
11.テレフォン
12.COLD CAKE
13.I WANT TO DiE!!!!!
14.つよがりさん
15.BiS-どうやらゾンビのおでまし-

EN1.BELiEVE
EN2.CURTAiN CALL
EN3.CURTAiN CALL

WEB

BiS Official Site:https://www.brandnewidolsociety.tokyo
BiS Official Twitter:@BiSidol
ULTRA STUPiD RECORDS:@ULTRASTUPiD_BiS

この記事の写真

●photo/Kanade Nishikata




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA