『インビジブル』第4話 闇オークションに潜入捜査!志村(高橋一生)がタキシード姿でキリコ(柴咲コウ)をエスコート「お美しいお2人で…」とSNS大盛り上がり

『インビジブル』

高橋一生主演の金曜ドラマ『インビジブル』(TBS系 毎週金曜 午後10時~10時54分)の第4話が5月6日(金)に放送された。※以下、ネタバレを含みます。

本作は、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相いれないはずの2人が異色のバディを組み、闇に隠れる凶悪犯を追う異色の刑事サスペンス。事件解決のためならどんなグレーな手でも使い、“悪”を許してはならないという執念にも近い正義感を持つ刑事・志村役を高橋一生、犯罪コーディネーター“インビジブル”を名乗る謎の女・キリコ役を柴咲コウが演じる。

5月6日に放送された第4話では、犬飼(原田泰造)と志村(高橋一生)が呼び出され、捜査三課長の大貫(松下由樹)から捜査協力を求められる。インビジブルの力を借りたいというその申し出に、極秘であるインビジブルの存在を知られた犬飼と志村は協力せざるを得ない状況に。

そして、志村から事件の概要を聞いたキリコ(柴咲コウ)はモンキーズと呼ばれる窃盗団が関与していると告げ、次のターゲットに50億円の高額絵画「ナンバーX」を狙っていると予告する。そしてキリコが入手していた「ナンバーX」をおとりに、警視庁の倉庫にモンキーズをおびき寄せることに。

松下由樹演じる陽気な大貫捜査三課長の登場に、SNSでは「チャーミングなのに仕事がしっかりできる感じがぴったり」「犬飼さんといいコンビ!」「前例から松下由樹これまた黒幕ちゃうの…と心配になってる」「癖の強さもたまらん」とさまざまなリアクションが巻き起こっていた。

そんな中、モンキーズが盗品を出品している闇オークション「ミラーズ」に潜入捜査をすることに。志村とキリコがセレブたちが集まる会場に紛れ込み、大貫ら捜査三課の面々が突入のタイミングを伺う作戦を敢行した。

タキシードに身を包んだ志村とドレスアップしたキリコのツーショットにSNSは「タキシードにサングラス、かっこえぇ」「キリコのファッション柴咲コウにしか似合わんよ」「お美しいお2人で…」「キリコさんが堂に入ってるから、志村さんがソワソワしてるように見えてかわいい」と盛り上がりを見せた。

その一方、若い女性が被害者となった通り魔事件の容疑者として、武入(鈴之助)の身柄が確保される。猿渡(桐谷健太)による取り調べで、武入は通り魔事件と3年前の安野(平埜生成)殺害について「インビジブルを依頼された」と供述する。思いがけないひと言でSNSは「なに!?インビジブルが依頼したぁ!?」「なんかあるんだよね?キリコが依頼したって…そのまんまじゃないよね!!?」「少しずつ点と点が線になりかけてたのに、え、、、全然分からんくなった…」と混乱の声が続出していた。

次回、5月13日(金)放送の第5話では、3年前の事件にキリコが本当に関与しているのか腑に落ちない志村は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入に再び会い、ある確信を得る。しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。一方、犬飼は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。やはりキリコと武入はつながっているのか。2人の緊急配備が敷かれる。志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近。そして、また新たに闇に隠れたインビジブルの影が見えてきて…。

番組情報

金曜ドラマ『インビジブル』
TBS系
毎週金曜 午後10時~10時54分

番組公式サイト:https://www.tbs.co.jp/invisible_tbs/
番組公式Twitter:@invisible_tbs
番組公式Instagram:invisible__tbs

©TBS

この記事の写真

『インビジブル』 『インビジブル』 『インビジブル』 『インビジブル』




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA