鎌倉殿の13人:破滅への道を歩む義経 後白河法皇が“承認欲求の強さ”巧みに利用 「兄弟の仲を裂くのなんて簡単」

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。5月1日放送の第17回「助命と宿命」では、一の谷の戦いで平家を敗走させた源義経(菅田将暉さん)が、後白河法皇(西田敏行さん)から「検非違使」に任官されるシーンが描かれた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA