悪女(わる):“麻理鈴”今田美桜のレトロファッション話題 Pが狙う「ちょいダサとおしゃれの境界線」

 女優の今田美桜さん主演で放送中の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)。原作は、女性向けマンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で1988~97年に連載された深見じゅんさんの「悪女(わる)」。1992年に女優の石田ひかりさん主演で実写化されていて、30年ぶりの再ドラマ化だ。今作では、今田さん演じる田中麻理鈴(まりりん)のレトロなファッションについて、視聴者から「可愛い」「個性的すぎる」などさまざまな声が上がっている。「ちょいダサとおしゃれの境界線を狙っています」と話すプロデューサーの諸田景子さんに思いを聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA