福本莉子:“東宝シンデレラ”の本音「焦りはあります」 “原点”となる3年ぶり舞台で「初心に」

 江戸川乱歩原案の舞台「お勢、断行」に出演する女優の福本莉子さん。近年、映像作品への起用が続いていた福本さんにとって、2019年の音楽劇「あらしのよるに」以来、3年ぶりの舞台作品となる。思い返せば、初主演作も2018年のミュージカル「魔女の宅急便」と、舞台は福本さんにとっていわば“原点”で、「初心に返れる場所」という位置づけだ。また、今回は初の「ストレートプレー(科白=せりふ=劇)」に挑戦することとなった福本さんに、今の思いを聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA