早見沙織:「ローマの休日」は「原点」で「憧れ」 声優になった「巡り合わせ」

 女優のオードリー・ヘプバーンさん主演の名作映画「ローマの休日」(ウィリアム・ワイラー監督、1953年)のデジタルリマスター版が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で5月13日午後9時に放送される。「ローマの休日」が同枠で放送されるのは約18年ぶり。日本語吹き替え版で、声優の早見沙織さんがアン王女(ヘプバーンさん)、浪川大輔さんが新聞記者のジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペックさん)をそれぞれ演じる。早見さんは「SPY×FAMILY」「鬼滅の刃」「聲(こえ)の形」などで知られる人気声優。 「ローマの休日」は、声優を目指すきっかけになった特別な作品で「原点」で「憧れ」だったという。早見さんに「ローマの休日」、声優としての活動への思いを聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA