大石静:24年大河ドラマは平安時代が舞台「戦がないので、男のエネルギーは女に向かう」 NHKドラマ初の紫式部が主人公

 2024年に放送されるNHKの大河ドラマ「光る君へ」の会見が、5月11日に東京・渋谷の同局で行われた。本作は女優の吉高由里子さんを主演に迎え、NHKドラマでは初めて紫式部を主人公に描く。脚本を手がける大石静さんは、舞台となる平安時代について「戦がないので、男のエネルギーは女に向かう」と解釈し、「皆さんも実はあまり知らない、平安時代の驚くようなセックスアンドバイオレンスを描きたい」と意気込みを語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA