市原隼人が敬愛する長渕剛との“キュウリ”をめぐる爆笑秘話を初披露『サバンナ高橋の、サウナの神さま』

『サバンナ高橋の、サウナの神さま』

5月12日(木)放送の『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(TOKYO MX 午後9時25分~9時54分)に、俳優の市原隼人がゲスト出演する。

この番組は、サウナ好きで知られるサバンナ・高橋茂雄が、各界のトップランナーをサウナに迎え、心身ともに“ととのった”ところで、人生の“ととのった”瞬間=「人生のターニングポイント」を聞くサウナトーク番組。

以前は、週の半分もサウナに通っていたというほどの大のサウナ好きの市原。地元のサウナで、見ず知らずの人と盛り上がり、そのまま車で自宅まで送ったという仰天エピソードも。
そんな市原のテレビ初公開となるサウナシーンでは、鍛え抜かれたキレキレの肉体を公開する。

人生の“ととのった”瞬間を聞くインタビューシーンでは、衝撃的だったデビュー作品として深田恭子と共演した「スパ王」のCMの舞台裏エピソードを披露。思春期真っただ中の中学1年だった市原は、同行していた母親の前で衣装の全身タイツを着なければいけないという何とも恥ずかしい状況に「二度とこんな仕事はしない」と誓ったという。

また、14歳で初主演を果たした映画「リリイ・シュシュのすべて」で岩井俊二監督の下、「いいものを作りたい」という“ビジネス”としてではなく“夢”を追いかけながら作品をつくる現場を目の当たりにし、大きく意識が変わったという。

さらに、自身が主演したオリジナルドラマ・映画『おいしい給食』シリーズは、これまでのどんな仕事よりもハードだったと明かす。実は、見どころでもある市原のコミカルな演技のほとんどはアドリブだったため、毎回記憶がなくなるほど集中して撮影に臨んだそう。

また、市原がまだ“ととのっていない”こととして、敬愛する長渕剛との「キュウリ」をめぐる爆笑必至の攻防エピソードも初披露する。

番組情報

『サバンナ高橋の、サウナの神さま』
TOKYO MX
5月12日(木)午後9時25分~9時54分<TOKYO MX1>
※スマートフォン用アプリ&Webサイト「エムキャス」で同時配信

MC:高橋茂雄(サバンナ)
ゲスト:市原隼人

テーマ曲:「やさしさに包まれたなら」作詞・作曲:荒井由実 唄:クレイジーケンバンド

※内容は都合により変更となる場合があります。予めご了承ください。

©TOKYO MX




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA