浪川大輔:「ローマの休日」でグレゴリー・ペックに 全シーンで「チャレンジ」 気品、ユニークさ表現

 女優のオードリー・ヘプバーンさん主演の名作映画「ローマの休日」(ウィリアム・ワイラー監督、1953年)のデジタルリマスター版が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で5月13日午後9時に放送される。「ローマの休日」が同枠で放送されるのは約18年ぶり。日本語吹き替え版で、ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペックさん)を演じる浪川大輔さんは、苦労したのは「全シーン」といい、「こだわって録(と)っていただいたので、苦労したというよりチャレンジしたという感じ。(アフレコのディレクターが)昔からよく知っている方だったので、『どこまでできるか』というやりとりが楽しかったです」と話している。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA