芦田愛菜と宮本信子が初めてBL漫画を語り合う「メタモルフォーゼの縁側」本編映像解禁

©2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会

6月17日(金)公開の映画「メタモルフォーゼの縁側」より、芦田愛菜演じるうららと宮本信子演じる雪が初めてBL漫画について語り合う本編映像が解禁された。

本作は、2017年に連載が始まって以降、じわじわと話題を呼び「このマンガがすごい!」「文化庁メディア芸術祭 マンガ部門」など数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理の同名漫画の実写化。

主人公の佐山うららは、周囲になじめず1人こっそりとBL漫画を読むことを毎日の楽しみにしている17歳の女子高生。もう1人の主人公・市野井雪は、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人。雪がきれいな表紙にひかれて買った漫画がBLだったことをきっかけに出会い、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わし、BLでつながった2人が育む年の差58歳の友情と挑戦が描かれる。うららを演じるのは芦田愛菜。雪を日本を代表する名優・宮本信子が演じる。

解禁された本編映像では、うららがアルバイトをしている書店で、BL漫画「君のことだけ見ていたい」を購入し、その美しい男子たちの淡く青い恋模様にすっかりハマってしまった雪。注文していた三巻を受け取りに書店に行った際、「あの、つかぬ事お聞きするけど、こういうの流行ってるの? その、男の人同士の…」と人生で初めて触れたBLの世界について、店員のうららに切り出す。読んでいるうちに漫画の登場人物たちの恋路を応援したくなってしまう、と感想を語る雪の話を聞いているうちに、同じく「君のことだけ見ていたい」ファンだったうららも思わず前のめりで漫画への想いを熱く語り返すのだった。

出会ったばかりだけど、同じBL漫画を“好き”という思いで繋がった2人。ここから紡がれる年の差58歳の友情の物語に注目だ。

本編映像<うららと雪の出会い編>

作品情報

「メタモルフォーゼの縁側」
2022年6月17日(金)全国ロードショー

原作:鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」(KADOKAWA)
脚本:岡田惠和
監督:狩山俊輔
出演:芦田愛菜、宮本信子、高橋恭平(なにわ男子)、古川琴音、生田智子、光石研
汐谷友希、伊東妙子、菊池和澄、大岡周太朗
プロデューサー:河野英裕、谷戸豊、大倉寛子

製作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:日テレアックスオン
配給:日活

公式HP:https://metamor-movie.jp/
公式twitter:@metamor_movie

©2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA