シン・ウルトラマン:樋口真嗣監督「いろいろな仕掛けが」 何度も見ると「より分かってくる」

 庵野秀明さんが企画・脚本を担当し、樋口真嗣さんが監督を務める特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」の初日舞台あいさつが5月13日、東京都内で行われた。樋口監督は「2、3回と見ると、作品に込められたいろいろな仕掛けがより分かってくると思いますので、何度も見ていただければと思います」と語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA