ビスケットブラザーズ:”関西の賞レース荒らし”が笑いの殿堂「NGK」で初単独ライブ 出演番組は2.8倍に 東京進出も?

 関西若手の賞レースを制したお笑いコンビ「ビスケットブラザーズ(ビスブラ)」が、笑いの殿堂「なんばグランド花月(NGK)」(大阪市中央区)で5月20日、初単独ライブを開催する。ビスブラは、2020年に「第9回 ytv漫才新人賞」で優勝し、2021年には「第51回 NHK上方漫才コンテスト」で優勝するなど、関西でめきめきと頭角を現している。上方漫才コンテスト優勝後、半年(2021年9月~2022年2月)で、地上波の番組出演が36本と、1年前の同時期の13本と比べ、約2.8倍に増加。結成11年目、“関西の賞レース荒らし”として全国でもブレーク間近の2人に話を聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA