神谷浩史、20年以上ぶりの「ドラゴンボール」声優に感慨「幸運に恵まれた」映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」インタビュー

神谷浩史インタビュー

待望の映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」が、2022年6月11日に公開された。世界征服を狙う悪の軍団・レッドリボン軍が復活するという情報が、わくわく感を増幅させる。このレッドリボン軍が生み出した人造人間ガンマ1号を演じるのが、大人気声優の神谷浩史さん。本作に対して、そして「ドラゴンボール」という作品に対する思いを聞きました。

神谷浩史インタビュー 神谷浩史インタビュー 神谷浩史インタビュー 神谷浩史インタビュー 神谷浩史インタビュー 神谷浩史インタビュー 神谷浩史インタビュー

◆「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」が、いよいよ公開されます。過去2作に続き、今作も鳥山明先生が自ら脚本を執筆されました。レッドリボン軍がフィーチャーされていますが、台本を読んだときの感想は?

「レッドリボン軍が復活するんだなぁ」という、当たり前の感想を抱きました(笑)。自分の役を通じて台本に触れると、感想というよりは、役としてどうやって関わっていこうかを考えてしまうので。

◆神谷さんは1996年~1997年に放送されたテレビシリーズ『ドラゴンボールGT』に参加していますが、20年以上ぶりの参加が決まったとき、どう感じましたか?

20年以上もチャンスがなかったのに、今さら参加できる権利を獲得するとは、よく分からない幸運に恵まれた感じです。「ドラゴンボール」というコンテンツが長く愛されているからこそ今も続いているのでしょうし、僕自身もよくここまで声優を続けてこられたなとしみじみします。20年以上…恐ろしいですね(笑)。第1話で僕が演じた役は、名前が明確でなかったのを記憶しています。当時の台本が手書きだったのもあって、ボベルなのかポベルなのかよく分からない。毎回、書いてある文字が違うけれど、特に名前を名乗るわけでもないので問題はなかったですが(笑)。

◆演じる人造人間ガンマ1号は、神谷さんから見てどんなキャラクターですか?

ガンマ1号は、ヒーローなんです。予告編でも公開されていますが、「スーパーヒーローだ」と公言しているキャラクター。ヒーローとして生まれ、その使命を持って行動します。そういうキャラクターが「ドラゴンボール」の世界に現れて、孫悟空たちとどう関わっていくか…。楽しみにしていただければと思います。

◆注目してほしいシーンはありますか?

ストーリーとしては全部ですが、何よりもそれを彩る絵が最大限の見どころだと思っています。鳥山明先生が描いた表紙クオリティのキャラクターが延々と動き続ける、ちょっと見たことのない映像です。それだけでもぜひ映像体験としてご覧いただきたいですし、もしかしたらこの手法が将来的にはスタンダードになるかもしれません。そのエポックな作品になるはずです。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA