機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:異形のザク復活の裏側 “鼻”が長い理由を明確に スタッフの思い

 アニメ「機動戦士ガンダム」のアニメーションディレクターやキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」。1979年に放送された「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)のテレビアニメ第15話「ククルス・ドアンの島」を劇場版アニメとして制作することになった。第15話は異形のザクが登場するエピソードとしても知られており、劇場版では、異形のザクをリファインしたMS-06F ドアン専用ザク(ドアンザク)が登場したことも話題になっている。異形のザクはいかにして令和の時代によみがえったのか? 安彦監督らスタッフの証言からひもとく。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA