芦田愛菜&宮本信子:11年ぶりの共演 互いの絶大なる信頼で結ばれた珠玉の演技!

 2011年の映画「阪急電車 片道15分の奇跡」で祖母と孫として共演した芦田愛菜さんと宮本信子さん。そんな二人が11年の歳月を経て“友達”として再共演を果たしたのが、6月17日に公開される映画「メタモルフォーゼの縁側」だ。宮本さんが芦田さんを「直観的にうまくいくと思える相手」と称すると、宮本さんの言葉に「本当にうれしいです」と笑顔を見せた芦田さん。そんな二人が再共演して、改めて感じた互いの印象や、作品への思いを語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA