道枝駿佑主演『金田一少年の事件簿』第8話あらすじ&場面写真公開 “首狩り武者”の復讐に隠された真実とは…

『金田一少年の事件簿』道枝駿佑、上白石萌歌 ©日本テレビ

道枝駿佑(なにわ男子)主演の日曜ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系 毎週日曜 午後10時30分~)第8話(6月19日(日)放送)の場面写真とあらすじが公開された。

ドラマ『金田一少年の事件簿』は、1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔。およそ8年ぶりとなる新シリーズは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

第8話は、「首狩り武者殺人事件」を放送。「金田一少年の事件簿 File09 飛騨からくり屋敷殺人事件」(講談社漫画文庫)の人気エピソードで、堂本剛が主演を務めた初代の第1シリーズ(1995年7月クール)で「首無し村殺人事件」というタイトルで放送されて以来、約27年ぶり2度目のドラマ化。本シリーズでは「学園七不思議殺人事件」「金田一少年の殺人」に続き、3本目のリメークとなる。

第8話あらすじ

剣持警部(沢村一樹)の幼なじみで、由緒ある巽家に嫁いだ紫乃(仙道敦子)の元に脅迫状が届いた。剣持警部は、一(道枝)と美雪(上白石萌歌)を連れ、巽家のあるくちなし村に向かうが、そこで見た鎧武者姿の男達に戸惑う。巽家使用人の猿彦(田鍋謙一郎)によると、昔、巽家に首を斬られた落ち武者の霊を鎮める生首祭での仮装だという。

「祭りの明ける明後日までに巽家の次の当主の生首頂戴しに参上つかまつり候」
脅迫状は、“首狩り武者”を名乗る人物からで、巽家に恨みを持つ者からと思われたが…。紫乃の亡き夫は、財産と家督を先妻との子である長男の龍之介(吉村界人)ではなく、連れ子の二男、征丸(福山翔太)に継ぐと遺していた。そのため兄弟の仲は劣悪で、脅迫は龍之介の仕業だと疑う征丸。

そんな中、亡き夫の友人だと名乗る客人の赤沼が、脅迫状の送り主を教えるからと、一をからくり部屋に呼び出す。行ってみると、回転扉の先に首のない赤沼の姿が。さらに、生首祭を訪れた一と美雪の前に“首狩り武者”が姿を現し、新たな首が転がり…。紫乃のために剣持警部が立ち上がる。「一のじっちゃんの名にかけて!」旧家の血をめぐる驚愕の秘密が明らかになるが…。

番組情報

『金田一少年の事件簿』
日本テレビ系
第8話 2022年6月19日(日)午後10時30分~

公式HP:https://www.ntv.co.jp/kindaichi2022/
公式Twitter:@kindaichi_5
公式Instagram:@kindaichi_5

©日本テレビ




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA