乃木坂46久保史緒里が花魁に 脚本・秋之桜子×演出・寺十吾の舞台「桜文」上演決定【コメントあり】

舞台「桜文」

乃木坂46の久保史緒里を主演に迎え、秋之桜子が脚本、寺十吾が演出を手掛ける舞台「桜文」が、9月5日(月)の東京・PARCO劇場公演を皮切りに、大阪、愛知、長野で上演されることが決定した。

本作は、古き良き日本を舞台に、幽玄でエロティック、情感あふれる物語をユニークな感性で美しく描きだすことに定評のある秋之桜子による書き下ろし作品。秋之は、2010年に昭和の文士たちをモデルにした「猿」で第16回劇作家協会新人戯曲賞優秀賞を受賞。2012年に自身で立ち上げた演劇集団「西瓜糖」では、大正~昭和という時代を背景に男と女の「生と性」、その先にある「欲求」を色濃く浮かび上がらせる作品を執筆しており、外部公演にも多数脚本を提供。その艶やかな世界観で見る者をとりこにしている。

演出を手掛けるのは、寺十吾。俳優の心の奥に眠っている感覚を表現させ、作品世界を多様化させる演出術で、今や引く手あまたの寺十。秋之とは「西瓜糖」でタッグを組んでおり、その相性の良さは折り紙付き。明治期、吉原随一の花魁をめぐる耽美な悲恋の物語が、機微に触れた情感たっぷりの演出で描き出される。

舞台「桜文」

吉原随一の花魁・桜雅を演じるのは、乃木坂46のメンバーとして活躍しながら、女優として舞台やテレビドラマにも精力的に出演している久保史緒里。桜雅が一人前の遊女になる前の少女時代に心から思い合っていた相手・仙太と、仙太とうり二つの容貌だったために、桜雅と深く関わっていく小説家志望の青年・霧野一郎の二役を、舞台・テレビドラマ・映画とジャンルを問わず活躍しているゆうたろう。さらに、禿(かぶろ)上がりの若い遊女である振袖新造の葵役に、女優、そしてアーティストとしてマルチに才能を発揮する松本妃代、桜雅の髪を結い続け、吉原随一の花魁となっても心許し信頼した髪結い・与平役に石倉三郎。

そして、当代きっての大店、紙問屋の旦那で、物語が大きく動くきっかけとなる桜雅の豪華絢爛な花魁道中を開く西条宋次郎を榎木孝明が演じる。そのほか、石田圭祐、阿知波悟美、加納幸和、木村靖司、有川マコト、塾一久といった演技巧者がそろい、明治期の吉原を体現する。

久保は「花魁役を演じるのは初めてなのですが、目に見える部分は豪華で美しくきれいでも、苦しい過去を抱えていたりと、その一人ひとりの背景を知れば知るほど深い世界だと思います。今回の役を演じる上で、当時の感じや所作はもちろん、いかに桜雅が過去に抱えている悲しさを表現できるか、というところもポイントになってくると思うので、頑張りたいです」と意気込んでいる。久保、ゆうたろう、榎木らのコメント全文は次ページに掲載。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA