足立梨花×小沢真珠『悪女のすべて』に佐藤玲、小林きな子、桜一花、武藤十夢、入来茉里が出演 メインビジュアル&主題歌も解禁

©BS松竹東急/MMJ

7月2日(土)から放送される足立梨花主演、小沢真珠共演の土曜ドラマ『悪女のすべて』(BS松竹東急)のメインビジュアルと主題歌情報が解禁。合わせて、佐藤玲、小林きな子、桜一花、武藤十夢(AKB48)、入来茉里が出演することが分かった。

本作は、昔の“昼ドラ”を連想させるような愛欲・愛憎ドロドロ劇に「劇団ママたち」という新しさを取り入れ、古き良きポイントと新しい面白さを融合させたドラマ。主演の足立梨花が演じるのは、田舎町・石丸村にある唯一の劇場「そよかぜ」の団員で、平和主義の専業主婦・玉野久美。そして、有名監督が撮影する映画のヒロインを抜擢する名目で石丸村に突然やってきた謎の女・百合園凛子を小沢真珠が演じる。

解禁されたのは、本作で“悪女バトル”を繰り広げる玉野久美(足立)と百合園凛子(小沢)が写るメインビジュアル。作品のドロドロ感が伝わってくるデザインでありつつも、美しい2人が花にかこまれ、艶やかさも感じとれる。そして、このビジュアルの中には隠された意図もあり、さまざまな視点から本作を楽しむことができる。

さらに、「劇団そよかぜ」の劇団員とレギュラーキャストも解禁。久美との幼なじみで劇団そよかぜ劇団員の安田智花子役に、さいたまネクスト・シアターに在籍経験があり、『架空OL日記』『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、映画「死刑にいたる病」をはじめとする多くの作品で存在感を放っている佐藤玲。外見にコンプレックスがある噂好き主婦で、劇団そよかぜ劇団員の伊豆田裕子役に、目を引くルックスと親しみやすさに定評があり、現在放送中の『やんごとなき一族』にも出演中の小林きな子。宝塚好きの主婦で、劇団そよかぜ劇団員の野宮すみれ役に、子役から老人、浮浪者、天使から悪魔まで幅広く演じた元宝塚歌劇団花組の娘役スター・桜一花。伊豆田の働くスーパーの後輩・井林夢香役に、「AKB48 53rdシングル 選抜総選挙」では7位を獲得し、女優や気象予報士としてマルチな才能を見せる現役AKB48メンバーの武藤十夢。そして謎の女・城戸莉沙役で、映画・ドラマ・舞台・CMと幅広く活躍中の入来茉里が出演する。

Tielle -チエル-

そして、本作の主題歌が、「ガンダム」シリーズの主題歌ボーカリストとしてシンガーデビューし、1stアルバム「BEYOND」もサブスクで約200万再生と注目を集める女性シンガー・Tielle -チエル-の「In the Dark」に決定。切なさと儚さと力強さを併せ持つ、時代が求める歌声を持つTielle-チエル-の魅力を十分に生かした、しっとりとした楽曲となっている。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA