上白石萌歌:初の朝ドラは「長距離走みたい」 まだまだゴールは先?

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、歌が大好きなヒロイン一家の三女・歌子を演じている上白石萌歌さん。2012年の女優デビューから10年、初の朝ドラで、自身の名前と同じ“歌”の文字が入った登場人物を演じるという運命的な巡り合わせに「これまで演じてきた役以上に、歌子にはとてもシンパシーを感じながら演じています」と話す。歌子を演じる上で心がけていること、そして話題になっている歌唱シーンなどについて話を聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA