山村響:「パリピ孔明」で葛藤する七海を熱演 思いを込めた“神回” 本渡楓と「あうんの呼吸」で

 「ヤングマガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「パリピ孔明」。放送日にはツイッターで「#パリピ孔明」がトレンド入りするなど人気を集めている。中でも、“神回”として話題になった第9話だ。主人公・月見英子と親友の久遠七海が音楽への思い、自身の葛藤を語り合う名場面では、英子役の本渡楓さん、七海役の山村響さんの熱演に心を打たれた人も多かったはずだ。山村さんに「パリピ孔明」への思い、“神回”の裏側を聞いた。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA