元宝塚・音月桂×真彩希帆インタビュー「現役時代だったらかなわなかった共演」『山里亮太の宝塚男子になってもいいですか?』

『山里亮太の宝塚男子になってもいいですか?』に出演する真彩希帆、音月桂

6月25日、7月30日(土)放送の『山里亮太の宝塚男子になってもいいですか?』(BSスカパー!)にゲスト出演する宝塚歌劇団・元雪組トップスターの音月桂さん、元雪組トップ娘役の真彩希帆さんにインタビュー。宝塚の魅力や印象的だったエピソードなどを語っていただきました。

◆番組に出演した感想をお願いします。

音月:宝塚は「敷居が高い」「見に行くまで勇気いる」「どうせ、チケット取れないし…」とネガティブなイメージを持たれていると思うんです。でも、そういう方も一度観劇すると面白いくらいに宝塚という沼にハマるんじゃないでしょうか。山里(亮太)さんもおっしゃっていましたけど、きっかけは話のネタに「宝塚を見に行ったんだよね」でいいんです。宝塚を体感していただけたら、そこにはすごくすてきな世界が広がっているので、「舞台はちょっと」「生では…」という方は、まずはこの番組で私たちの人となり、舞台上とは違う彼女(真彩)の良さとかを知っていただいて、最終的には劇場に行ってもらえたらいいなって。

真彩:今の宝塚はいろいろな作品をやっているので、「面白そうだな」という公演内容があったら、A席、B席といった座席であればチケット代もお手頃で手に入りやすいと思うので、一歩勇気を出して来ていただけたら。男性の方でも、奥さんが宝塚好きだったらぜひ奥さんと一緒にとか、劇場へ行くきっかけになってくれたらいいですよね。

音月:この番組、楽しいから、皆さんのきっかけになってくれそう!

真彩:現役のジェンヌさんもOGさんも皆さん本当に個性豊かで、真っすぐに宝塚と向き合ってこられた魅力的な方ばかりなので、ぜひごひいきさんを見つけて楽しんでいただきたいですね。

◆番組内で男役あるある、娘役あるあるが出てきましたが、在団中にコンビだった相手役さんに当てはまったことなどありましたか?

音月:お稽古場で男役の服に合わせてスカートの色をそろえたり、役に合わせて髪形を変えていたと知って、娘役はすごいなって感心しました。自分で本番用のイヤリングや飾りを作ることもあって、きっとそれには指定もあるだろうし、男役よりも圧倒的にやることが多いと思うんですよ。相手役にも「合わせて」って呼ばれたら、合わせないといけないだろうし。当時は私もいっぱいいっぱいになっていて、(舞羽)美海にあまり優しい言葉をかけられていなかったんじゃないかなと反省しました…。そうやって一番そばにいて、支えてくれるのが相手役で、そういった支えがあったからこそ、今の私があるんだなって思うと、あらためて美海に感謝の連絡をしなきゃいけないですね。

真彩:胸が痛い…♡

音月:どうしよう、既読無視されたら(笑)。

真彩:しないですよ!

音月:「いきなりどうした」ってなるかもしれない(笑)。当時の自分に「もうちょっと優しくしてあげて!」「自分のことだけじゃなく、相手役のことも見てあげて」って言ってあげたくなりました。

真彩:私は男役さんあるあるにびっくりするというよりは、「そうですよね!!」という感じです! 当時、穴が開くほど相手役さんのことを見て、「何この子!?」って思われたこともあったかもしれないのですが(笑)。ずっと一緒に舞台を作る相手役として、体調の変化であったり、調子を見ることで、“邪魔にならないように”というよりも、その中で自分がどうあったらいいのか、お役に立てるのかを常に考えていました。それは、何も無駄なことではないですし、ずっと一緒にいるからこそ見えてくるものがあって。ですが、一番はお客さまからどう見えているか。相手役さんのファンの方からお手紙を頂くことがあったのですが、「いいコンビだね」「相手役さんが一緒にいるとすごく温かい気持ちになるんです」というお言葉を頂けた時はすごくうれしかったです。退団してもトップコンビというものは切れるものではないというか。一緒にいろいろ懸命にその時を作り上げてきた仲間なので、すごく尊いなと思います。

◆もしもお2人がトップコンビを組むとしたら、どんな演目をやってみたいですか?

音月:どうする?

真彩:私はもし可能であったら、ひたすらに音月さん演じるお役に恋する役をやりたいです。

音月:どの役でも恋するじゃん!

真彩:私、意外と素直に恋するお役が少なかったので、ラブラブな感じの役をやってみたいです(笑)。ひたすら、男役・音月桂さんのそばにいて、「私はあなたが大好きです」と言いたいなと。番組の中でも言ったんですけど、音月さんの笑顔が本当に大好きなので、私も笑顔いっぱいで、ハッピーな感じの演目がいいですね。

◆ 音月さんはどんな演目をやりたいですか?

音月:真彩ちゃんの歌声、本当にすてきだから『ロミオとジュリエット』の「AIMER」(劇中歌)を一緒に歌ってみたいな。ジュリエットの「逝ってしまったのね…」という歌を耳元で聞けたら私もそのまま穏やかに逝けそうな気がする(笑)。私は青年的な笑顔いっぱいの役が多かったんです。だからだいもん(望海風斗)と2人の作り出す大人の関係みたいなコンビって、私と美海のコンビとは全然カラーが違うから、そういうコンビもいいなーって。

真彩:では!そのようにいきましょう!大人の駆け引きをする感じにして…。私、気合を入れて美しく体も鍛えます!

音月:妄想が広がっちゃうね(笑)。

真彩:音月さんのために美しいドレスもしっかり着こなせるようになりたいと思いますし、娘役のおよよよ芸も気合を入れてやりますよ!

音月:稽古場からキラキラしていそうだ(笑)。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA