2023年度後期の朝ドラは『ブギウギ』!笠置シヅ子をモデルに足立紳が描くオリジナル作品

『ブギウギ』足立紳 ©NHK

2023年度後期放送の連続テレビ小説が、笠置シヅ子をモデルにしたオリジナル作品『ブギウギ』(NHK総合ほか)に決定。作者の足立紳と音楽を担当する服部隆之から、コメントが到着した。

連続テレビ小説第109作『ブギウギ』は、戦後の大スター・笠置シヅ子(1914〜1985)をモデルに、足立紳が描くオリジナル作品。タイトルの『ブギウギ』は陽気で踊り出したくなるような音楽リズムの一種で、“ブギウギのように多くの人を明るく元気にしたい”という思いが込められている。「東京ブギウギ」や「買物ブギー」など数々の名曲とともに、日本の朝に笑顔を届けていく。

なお、実在の人物である笠置をモデルとするが、本作では激動の時代の渦中でひたむきに歌に踊りに向き合い続けた、ある歌手の波乱万丈の物語として大胆に再構成。 登場人物名や団体名などは一部改称し、フィクションとして描かれるという。

ヒロインの名は、花田鈴子。香川生まれ、大阪育ちの鈴子は、銭湯の看板娘から“ブギの女王”と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていく。満面の笑顔、からだ全体を使った踊り、明るい歌声。そこには、暗い戦争の時代や燃えるような恋、別れなど、心がズキズキするようなことを乗り越えてきたからこその強さがある。

大阪の華やかなステージ、生まれ故郷・香川への思い、そして夢を追いかけ東京へ……さまざまな舞台がドラマを彩っていく。これまでの朝ドラにはないほどの歌と踊りが出てくる作品になるとのことだ。

今回の発表にあたり、作者の足立は「主人公の生きる姿を見て、いつしか主人公の生き方を笑いながら肯定し、ドラマを見ながらいつの間にか『生きる活力』のようなものが少しでもみなぎってくるような作品になればうれしいなと思っています」と語る。

また、音楽を担当する服部隆之は「朝から視聴者の皆様にワクワク、ドキドキ、ブギウギを感じていただくべく、微力ながら頑張らさせていただきます」と。制作統括の福岡利武も「毎朝、ヒロインの成長を見ながら笑って泣いて、おおいに楽しんでいただけるようなドラマを目指します」と意気込みを述べた。3名によるコメント全文は次ページを参照。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA