『異世界居酒屋「のぶ」Season3』新キャストに平岡祐太、田中直樹、海宝直人、じろう、チョコプラ、平埜生成【コメントあり】

連続ドラマW-30『異世界居酒屋「のぶ」Season3~皇帝とオイリアの王女編~』

2023年1月13日(金)から放送・配信される連続ドラマW-30『異世界居酒屋「のぶ」Season3~皇帝とオイリアの王女編~』(WOWOW)の新キャスト、続投キャスト総勢21人が解禁。平岡祐太、田中直樹(ココリコ)ら新キャストよりコメントが到着した。

本作は、蝉川夏哉による累計発行部数500万部を突破した大人気シリーズを実写ドラマ化。異世界につながってしまった居酒屋を舞台に、庶民的な居酒屋料理やお酒を通じて温かな人間ドラマが繰り広げられるグルメファンタジー。

前作に引き続き、食にいちずな職人気質の料理人で居酒屋「のぶ」の大将こと矢澤信之役には、主演・大谷亮平、常連客に愛される「のぶ」の看板娘・千家しのぶ役には武田玲奈。そして品川ヒロシが監督、脚本を務める。

このたび、Season3から登場する新キャストが決定。先帝コンラート四世(大和田伸也)の孫・帝国皇帝コンラート五世役を演じるのは平岡祐太。敵国オイリアの王女摂政宮・セレスティーヌ(平祐奈)と見合いをすることになるが、町で一人の女性と出会い、恋に落ちてしまう。

その皇帝に常に寄り添い、公私に渡って皇帝を支える中務卿・ゼバスティアンを田中直樹(ココリコ)が演じる。また、「のぶ」の常連ゲーアノート(波岡一喜)の弟で、わけあって何年も顔を合わせていなかった旅役者のアウグスト役には海宝直人。さらに王女摂政宮・セレスティーヌに仕える宮中伯のラ・カタン役には、シソンヌ(じろう)。日頃、コントなどで見せる顔とはひと味違った役どころに挑む。

串カツを口にしたジャン(忍成修吾)の見る幻に神様(秋山竜次)と共に現れる“串カツの妖精”役には、チョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿。ガラス職人・ローレンツ(庄司智春)の息子・フーゴ役には平埜生成。父親に認められるため、ガラス職人としての腕を磨く。

また、これまで作品を盛り上げ、その後が気になるキャラクターを演じるキャストたちも出演。何かと物知りな事情通で、古都の衛兵・ニコラウス役の白洲迅、ベルトホルトの妻で、妊娠中のヘルミーナ役・堀田茜。縁あって「のぶ」の店員として働いているエーファ役・新谷ゆづみ。古都の衛兵の中隊長・ベルトホルト役の阿部進之介。

「のぶ」のナポリタンをこよなく愛する徴税請負人・ゲーアノート役の波岡一喜。腕利きのガラス職人で、ギルド名誉マイスターとして市参事会にも席を持つローレンツ役の庄司智春(品川庄司)。さらにオイリア出身の女傭兵・リオンティーヌ役の早霧せいな。シーズン3では「のぶ」の店員として働き始めることに。

大将が以前勤務していた料亭ゆきつなの板長塔原役の木村祐一。アイテーリアの気のいい肉屋で「のぶ」の常連・フランク役の小杉竜一(ブラックマヨネーズ)。オイリアの密偵組織で一目置かれる奇譚拾遺使・ジャン役の忍成修吾。ジャンが「のぶ」で口にした串カツの情報にセレスティーヌが興味を抱く。

そして「のぶ」の料理に感動した客たちが見る幻の神様役の秋山竜次(ロバート)。アイゼンシュミット商会の商人・イグナーツ役の草地稜之(円神)と、弟のカミル役の瀧澤翼(円神)。食の吟遊詩人として絶大な影響力を持ち、各地の美食を知り尽くすクローヴィンケル役の武田鉄矢。このメインキャスト14人に加えて、他にもひと味あるキャラクターたちが多数登場する。

キャスト情報解禁に併せて、料理のおいしさを視覚から伝える元来のグルメ作品とは異なり、品川監督をはじめとしたスタッフたちが腕を振るって聴覚からもしずる感&飯テロ満載で送る最新予告映像も公開。さらに『異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』のDVDが、2023年1月18日(水)発売されることも決定した。

Season3の新キャスト、監督・脚本を務める品川のコメントは次ページに掲載。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。