【発言】能町みね子「かえって薬物がしたくなる…」


能町みね子 (のうまち みねこ、1979年3月17日 - )は、日本のエッセイスト、イラストレーター、ライター、コラムニスト、漫画家。「自称漫画家」という肩書きを名乗る。北海道出生、茨城県牛久市出身。「 みね子」はペンネームであり、父方と母方の祖母の名前を組み合わせたもの。
29キロバイト (3,563 語) - 2019年3月6日 (水) 17:50



(出典 www.cinra.net)


動画は「能町みね子さんエッセイ本能町みね子純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ』PR動画」の映像をUPしました🌸


1 鉄チーズ烏 ★

 エッセイストの能町みね子さんが16日放送のTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜・前9時)に生出演。コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)への報道について苦言を呈した。

 能町さんは、「瀧さん、もう良くないですかっていう話をしたい。ちょっと多すぎて、多すぎるっていうことが取り上げたことになるんですけど」とした上で、法的な裁きを受けた上で「個人的には、ちょこっと謹慎して復帰すればいいんじゃないぐらいにと思っていて」と見解を示した。

 その上で逮捕以降の報道を「極悪、極悪に仕立てようにする感じが見ていて気持ち悪い」などと指摘し「報道すればすれほどやりたくなる人の方が増える気がする」と持論を展開した。こうした報道がかえって「逆効果になる。どう吸うかとか、どこで買うかとか言っているところもあるらしくて、かえって推薦している感じになっちゃっている」とさらなる薬物の蔓延への懸念を示した。

 また、今回の逮捕でNHKが、有料動画配信サービス「NHKオンデマンド」で配信している同容疑者出演の「大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第4~8回、第10回」「連続テレビ小説 とと姉ちゃん(シリーズ全作)」「連続テレビ小説 とと姉ちゃん『もうひとつの物語“福助人形の秘密”』」「連続テレビ小説 あまちゃん(シリーズ全作)」「大河ドラマ 龍馬伝(シリーズ全作)」「土曜ドラマ『55歳からのハローライフ』(シリーズ全作)」の配信を停止するとしたことなど、出演作の放送中止などの影響が出ていることに「あまちゃんを中止するなんて意味が分からない」と明かしていた。

3/16(土) 10:07配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000072-sph-ent


(出典 fuminners.jp)



(出典 www.nikkansports.com)


続きを読む


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。