【女優】当たれば間違いなく代表作に!永野芽郁、「不治の病モノ」映画主演もコケれば評価が急降下?


永野芽郁、「不治の病モノ」映画主演もコケれば評価が急降下? - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.7329771 2019/03/15 13:32
永野芽郁、「不治の病モノ」映画主演もコケれば評価が急降下?
永野芽郁、「不治の病モノ」映画主演もコケれば評価が急降下?
ヒロインを務めたNHKの朝ドラ『半分、青い。』が高視聴率を記録し、同じくヒロインを務めた『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)も、視聴率が右肩上がりで終わる最高の結果となった永野芽郁。

北村匠海とともにW主演を務める15日公開の映画『君は月夜に光り輝く』(以下、キミツキ)は、彼女の勝負作となりそうだ。

『キミツキ』は、2016年に電撃小説大賞を受賞し、これまで50万部以上を売り上げた佐野徹夜の大ベストセラーが原作の作品だ。

そのあらすじは、不治の病に犯された“まみず”(永野)のかなえられない願いを卓也(北村)が実行し、その感想を伝えるうちに、卓也が彼女に惹かれ始め──というもの。

一昨年に公開され大ヒットした『君の膵臓をたべたい』のスタッフが、製作に携わっている。

週刊誌の文化・芸能担当記者が語る。

「『キミツキ』は、まさに満を持して実写化された作品です。実写映画が軒並み爆死する日本の映画界で数少ないヒット作の宝庫が、“不治の病モノ”です。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04年/以下、セカチュー)や『君の膵臓をたべたい』(17年/以下、キミスイ)は、いずれも社会現象レベルの大ヒットになりましたが、『キミツキ』も、“原作が大ヒットした不治の病モノ”という点で共通点があります。しかも主役の北村は『キミスイ』でも主演を務めており、死角は見当たりません」

同作を宣伝するため、永野と北村は現在民放のバラエティ番組に出まくっているが、永野にとってはチャンスであるとともに、プレッシャーも半端ない作品になりそうだ。

映画関係者が語る。

「『キミツキ』は、業界では『セカチュー』と『キミスイ』に次ぐ作品と見られており、成否は両作が基準になるでしょう。大変高いハードルですが、両作の興行収入は『セカチュー』が85億円、『キミスイ』が約35億円ですから、興行収入が10数億円程度なら失敗作と言われかねません。しかも『セカチュー』では長澤まさみが、『キミスイ』では浜辺美波がさまざまな映画賞を総なめにしましたから、永野はそのあたりも比較されることになります」(映画関係者)

当たれば間違いなく代表作になるが、ヒット間違いなしの作品がコケれば、一気に評価が急降下する可能性もあるということ。

彼女は“光り輝ける”のか、それとも“半分、青く”なるのか、果たしてどちら?
【日時】2019年03月15日 10:00
【提供】日刊サイゾー


永野芽郁サプライズ手紙に涙「幸せな気持ち頂いた」 - 朝日新聞
映画「君は月夜に光り輝く」の初日舞台あいさつに登壇した、左から永野芽郁、月川翔監督、北村匠海、甲斐翔真 女優永野芽郁(19)と北村匠海(21)が15日、都内で、主演 ...
(出典:朝日新聞)


永野 (ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。雑誌『Seventeen』(集英社)専属モデル。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。
49キロバイト (6,103 語) - 2019年3月3日 (日) 11:14



(出典 i.ytimg.com)








#3 [匿名さん] :2019/03/15 13:34

3年A組 今から、みなさんは人乳です。

永野芽郁ちゃん主演


#4 [匿名さん] :2019/03/15 13:37

最近は すぐ余命を使いますね

確かに現実にもありますが
明らかに保守な作りですよ

みんなに見てもらいたいなら
もっと斬新な楽しい映画作ってください


#6 [匿名さん] :2019/03/15 13:39

まだ翔んで埼玉 とか プリンスなんたらの方がマシ


#7 [匿名さん] :2019/03/15 13:39

25歳くらいに見える(-.-;)y-~~~


#8 [匿名さん] :2019/03/15 13:40

最近の邦画は、余命かタイムトラベル
もう飽きました。


#12 [匿名さん] :2019/03/15 13:52

>>8
余命いくばくもないヒロインを救うべく、遺伝子治療のスペシャリストが過去にタイムスリップして、ヒロインの祖先の遺伝子治療をする。
ヒロインの祖先は織田信長であった…
みたいな映画ができそうな気がする。


#11 [匿名さん] :2019/03/15 13:49

奇跡的に完治する方向で撮り直し。


#15 [匿名さん] :2019/03/15 14:00

評価悪けりゃ主演のせいってのは違う。


#16 [匿名さん] :2019/03/15 14:00

こんな映画ばかり、タイムスリップとか…本当に*悲しさを知らないのにそれに*で、大人しそうに見えるから。下手な演技を見るのもなー


#18 [匿名さん] :2019/03/15 14:08

柳の下に何匹ドジョウがいると思ってんだ


#23 [匿名さん] :2019/03/15 14:58

チミの膵臓だっふんだぁ
面白かったなぁ
末期の膵臓癌の女の子がめっちゃ元気なんだからね😒


#25 [匿名さん] :2019/03/15 16:46

最近、番宣出まくりでうざすぎる。好みの問題だが過大評価の気もするな。


#28 [匿名さん] :2019/03/15 16:58

永野芽郁 の顔つき は 普通の* だから、約35億円も無理じゃないかな

ヒロイン役の『俺物語!!』(2015年)で興行収入 9.0億円

先生と男子学生との三角関係ヒロインの『ひるなかの流星』(2017年)で興行収入 13.7億円


#29 [匿名さん] :2019/03/15 17:20

コケる予感が強すぎて
障害者から病人役?
安易すぎ
そもそもオーラが強くないし


#31 [匿名さん] :2019/03/15 17:41

永野芽郁可愛い❤


#32 [匿名さん] :2019/03/15 21:32

もっと現実離れした病気ばかりでなく、痛風とか糖尿病とかでラ*トーリー作れないのか?


#36 [匿名さん] :2019/03/15 22:20

>>34まず脚本はクドカンだな


#38 [匿名さん] :2019/03/16 16:53

もうニキビでええやん







関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。