キャプテン・マーベル:ニック・フューリーがアイパッチをする理由 サミュエル・L・ジャクソンが大いに語る

 米マーベル・スタジオの最新作「キャプテン・マーベル」(アンナ・ボーデン監督、ライアン・フレック監督)で、若き日の国際平和組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」のエージェント、ニック・フューリーを演じたサミュエル・L・ジャクソンさん。映画は、1995年の米カリフォルニア州のビデオショップに空から降ってきた謎の女性キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソンさん)と、やがて「アベンジャーズ」を結成することになるニック・フューリーがタッグを組み、キャプテン・マーベルの失った記憶の謎に迫り、その秘密を手に入れようとするさまざまな勢力との攻防がサスペンスフルに展開する。ニック・フューリーがアイパッチをするきっかけが明かされるなど見どころの多い今作について、ジャクソンさんに聞いた。


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。