【脱退】SMAPを絶頂期に脱退し、オートレーサーに転向した森且行の気になる現状とは?


SMAPを絶頂期に脱退し、オートレーサーに転向した森且行は「高収入レーサー」? - ニコニコニュース
解散してもなお、華々しい活躍を続けている元SMAPメンバー。中居正広は司会者として活躍。木村拓哉は映画にテレビ出演にと露出を増やし、稲垣吾郎は舞台に主演映画 ...
(出典:ニコニコニュース)


且行(もり かつゆき、1974年2月19日 - )は、日本のオートレース選手でオートレース選手になる前は、男性アイドルグループSMAPのメンバーとして活動していた。 東京都足立区出身。オートレース選手としての所属はJKAの川口オートレース場。公式ファンクラブはAngelを経てビアンコ。SMAP時代の所属芸能事務所はジャニーズ事務所。
20キロバイト (2,516 語) - 2019年3月15日 (金) 10:40



(出典 autorace.jp)


よかったですね!

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/17(日) 16:05:47.40 ID:cNvWrcz59.net

解散してもなお、華々しい活躍を続けている元SMAPメンバー。中居正広は司会者として活躍。
木村拓哉は映画にテレビ出演にと露出を増やし、稲垣吾郎は舞台に主演映画にと役者に磨きをかけ、草なぎ剛はYouTuberとしての活動にも精を出す。
香取慎吾はアーティストとしても活動、フランスに続き日本でも初の個展開催が控えている。

若い世代のファンには存在そのものが知られていないかもしれない幻のメンバー、森且行は現在どうしているのか。
森はSMAPの成長期に、突然オートレーサーに転身し、以降芸能界との関わりをほとんど持たなかった。
森のSMAP脱退から約22年、SMAP解散から約2年、周辺に変化はあったのか。
また、レーサーとしての森はどれほどの活躍をしてきたのだろうか。

森は1996年5月に22歳でSMAPを脱退。
当時、人気絶頂期のジャニーズグループ脱退という前代未聞の事態で、ファンや世間に衝撃を与えた。
引退の理由は、オートレーサーへの転身。SMAP脱退時は、応募資格制限ギリギリの年齢で、やむなくオートレーサーの夢を追ったようだ。
2000年後期にはオートレース最上位のS級にランク入り。
川口オートレース場に所属し、今もなおレーサーとして活躍している。

長年の憧れだったオートレーサーに転身した森は、2年後の1998年2月に一般人の女性と結婚。名前は亜紀さんといい、森の3つ年上だ。
一人息子の名前は「天子(てんし)」くん。現在は高校生になっている。

しかし2016年夏、森に歌手・杏里似の長身美女との不倫が発覚。埼玉県内のマンションから出て来た2人の写真を女性自身が掲載している。
以前は家族で都心のベイエリアにある“億ション”に住んでいたが、現在奥さんと息子はアメリカで別居しているという。
移住から3年近く経った今でも、森は離婚してないようだが、息子とは会えない状態が続いているようだ。

レーサーとしての森は、オートレース最上位のS級の常連で腕はピカイチ。賞金だけで良い年だと5000?6000万円は稼いでおり、生涯年収は既に5億円を突破している。
森と仲の良いオートレーサーの永井大介は「ナカイの窓」(日本テレビ系)でオートレーサーの年収について「下の選手で600万円」と回答

これを聞いただけでも、森のレーサーとしての評価が高いことが分かる。

オートレーサーになった森は、芸能活動をほぼ休止している。
ただ近年は、2018年2月に森をフィーチャーしたパチンコ機『パチンコCRオートレース?スピードスター☆森且行!』が発表されたり、
2018年4月にはサントリー「南アルプススパーリング」のCM『#スイッチしよう』に出演したりと、時折大きな収入となる仕事をこなしている。

現在の森と元SMAPメンバーとの交流というと、SMAPが解散した2016年12月31日の夜、中居、稲垣、草なぎ、香取の4人に合流する形でSMAP解散の慰労会を行ったようだ。
そして、2017年11月にはAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」で浜松オートレース場に置いて稲垣、草なぎ、香取の3人と21年ぶりの共演を果たした。
また、中居とは現在も家族ぐるみの仲のようで、森の妻と中居は電話ができる仲だとも言われている。

オートレーサーの活動費用は高額で、トップレーサーでも全て自己負担。成績が芳しくないレーサーはレースの賞金だけでは生活できず、副業をしている人も多くいるという。
若手でも芽が出ずに引退していく厳しい世界の中で、40代になった今も常にトップの座に君臨し続ける森。
ただ、年齢が年齢だけに、現役から離れる時は刻一刻と迫っている。
森が今後どのような道を進むかは明らかになっていないが、森には現役を退いた後、オートレースの認知度アップや、後継者の育成に努めてほしいと願うファンが多い。
芸能界からもラブコールはあるだろうが、オートレース界にも今や欠かせない存在なのだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1735139/
2019.03.17 12:30 リアルライブ


(出典 i.daily.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


(出典 halhal444.up.seesaa.net)


(出典 pds.exblog.jp)


続きを読む


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。