青木志貴の魔王式随想:初めてのオンラインゲームの思い出(後編) 唯一無二の友人、そして…

 人気ゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二宮飛鳥役などで知られる新人声優の青木志貴さん。自身を「ボク」と呼ぶ“ボクっ娘”で、“魔王”のニックネームで「League of Legends」などのオンラインゲームをがっつりやり込むコアゲーマーという異色の経歴も併せ持つ青木さんが、その独自の視点で自身の歩みやさまざまな思いを語ります。今回は前編に引き続き、青木さんが初めてのオンラインゲームの思い出を振り返ります。


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。