高橋克実:瀬戸康史との“28歳差バディー”に手応え 初共演で「見事にマッチングした」

 俳優の高橋克実さんと瀬戸康史さんが16日、東京・渋谷のNHKで行われた同局の連続ドラマ「デジタル・タトゥー」の試写会後に会見。高橋さんと瀬戸さんは今回が初共演ながら、制作統括の海辺潔さんが「本読みのときから押し引きがあって、これはいいバディーになると思った」と印象を明かすと、高橋さんも、28歳年下の瀬戸さんとの芝居について「最初から初めてと感じなかった。僕は飛び込んでいくタイプなので、引き受けてくれた。お芝居ってあまり年齢は関係ない。飛び込んでいくタイプと引き受けていくタイプがいて、見事にマッチングした」と手応えを語った。


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。