玉森裕太、緊迫感溢れる撮影現場で鼻血 共演の吉岡里帆が明かす

「パラレルワールド・ラブストーリー」完成披露試写会

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の完成披露試写会が16日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、Kis-My-Ft2の玉森裕太と女優の吉岡里帆、俳優の染谷将太ら出演陣と森義隆監督が舞台挨拶に登壇。撮影中のエピソードを明かした。
撮影を振り返って「緊張感のある現場だった」と話した玉森に続き、撮影時の思い出を聞かれた吉岡は「監督がドSすぎる」といい、「本当にこんな現場あるのかっていうくらい。味わったことのないくらいとてもストイックな現場だった」と明かす。
キャスト同士もほとんど会話がないほど緊迫感が漂っていたそうで、「逆に今驚いていますね、こんな温かい感じだったっけ?みたいな」と、和やかな舞台挨拶の雰囲気が意外といった様子。
具体的なエピソードを求められると、「話していいんですか?」と監督と玉森に確認した後、「私が(現場に)入ったのが後だったんですけど、玉森さんが染谷さんとの大事なシーンで鼻血を出されたと聞きました」と証言。「(役に)入り込んで、追い込まれすぎて出た鼻血なのかな」と話す。森監督は「暴力ではないですよ」と釘を刺して笑いを誘い、当の玉森は「(染谷が演じた)智彦との大事なシーンで、自分も熱が入りすぎちゃったのか、いろいろ考えてたら鼻血がタラーンって垂れてきた」と明かし、会場のファンを驚かせていた。

本作は東野圭吾の同名小説が原作。思いを寄せる女性が「自分の恋人」である現実と、「親友の恋人」である現実の、2つの世界が並行して進む中で謎が謎を呼び、行きつく先に驚きの展開が待ち受ける衝撃のラブストーリー。

本作の内容にちなみ、「あったらいいなと思うパラレルワールド」を尋ねられた玉森は「ずーっと晴れの日」というほのぼのとした回答で会場を和ませていた。

舞台挨拶には4人のほか、本作に出演の筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲも登壇。また舞台挨拶の前には、有楽町マリオン1階にてレッドカーペットセレモニーも実施され、ファンの歓声を浴びながら9人で赤い絨毯の上を歩いた。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、5月31日(金)全国公開。

「パラレルワールド・ラブストーリー」完成披露試写会




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。