映画興行成績:「名探偵コナン 紺青の拳」が初登場首位 前作「ゼロの執行人」超えの好発進

 15日に発表された13、14日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約114万5000人を動員し、興行収入は約14億6400万円を記録し、公開初日の12日から3日間の累計では、動員で145万8000人、興行収入で18億8600万円を突破。前作「ゼロの執行人」との興行収入対比で112.9%となり、17作目「絶海の探偵(プライベート・アイ)」以降6作連続でシリーズ最高記録を更新する好スタートを切った。


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。