ファンタ坂学園って、言えない? 乃木坂46・山下美月、CM撮影で苦戦

「ファンタ」イメージキャラクターの乃木坂46

乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、山下美月、与田祐希が17日(水)、都内で行われた「ファンタ」の新キャンペーン「ファンタ坂学園」をPRするイベント「ファンタ坂学園」入学式に出席した。
5人に大園桃子(体調不良によりイベントは欠席)を含めた6人は、4月23日(火)より全国でオンエアスタートとなる新TV-CM「ファンタ坂学園 変顔ボトル」ハジける変顔ボトル篇に出演。CMソングには本日4月17日にリリースされた乃木坂46の4thアルバム「今が思い出になるまで」のリード曲「ありがちな恋愛」が起用されている。

齋藤は「いつもテレビで拝見しているとファンタのCMは楽しげなイメージがあった。実際の撮影も楽しくて、私たちもだし、スタッフさんも含めて楽しくわちゃわちゃした感じでできたのですごくうれしかった」と撮影を回顧。
メイキング映像には山下が「ファンタ坂学園」と言うセリフでどうしても噛んでしまい、「『ファンタざがくえん』って言っちゃう」と苦戦する様子が収められており、MCから「言えるようになりましたか?」と聞かれると、「この時は衣裳もノースリーブですごい寒かったので、ろれつが回ってなくて……」と弁明し、「今は全然言えます」と宣言。「いきますよ?」と威勢よく再チャレンジしてみせるも、やはり「ファンタざがくえん!」と言ってしまい、メンバーから「全然言えてない!」と総ツッコミ。山下は「たぶん滑舌が良すぎて……おかしいな?」と、とぼけていた。

乃木坂46は「ファンタ」のイメージキャラクターに就任し、パッケージ正面にメンバーの顔写真が入った“「ファンタ」ハジける変顔ボトル”が4月22日(月)から発売開始となる。
同製品のパッケージ裏面には、全46種類の“変顔”がデザインされており、イベントでは、5人がお互いのキャラクターに似合う“変顔”をセレクトしたり、「ファンタ グレープ」に顔写真が入っている齋藤と与田、「ファンタ オレンジ」に顔写真が入っている生田と山下、「ファンタ レモン マルチビタミン 1日分」に顔写真が入っている秋元の3チームに分かれ、変顔ボトルを使った“クラス対抗変顔対決”などを行った。

生田は「子供の頃から誕生日会を開くといつもそこにはファンタがあったりとか、馴染みがあるので、関わることができて今からワクワクしています」と話し、与田は「昔からよくおじいちゃんとおばあちゃんの家に行ったときにファンタがあって、すごい楽しみにしていたので、そんなファンタに自分の顔が写っているのがすごいうれしい」と笑顔。山下は「メンバー全員に配って、46種類制覇したい」と目を輝かせていた。

イベントには、“クラス対抗変顔対決”の判定員として、お笑いコンビ・メイプル超合金も登場した。


関連ニュース


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。